特典を活かせるJALカードの選び方

JALカードとは一括りになっていますが、グレートや提携カードなどを含めるとJALカードと呼ばれるものは30種類近く存在しています。それに伴ってJALカードに付帯されている特典も異なったものになっていますので、自分にあったJALカードを選ぶ必要性が高まってきました。また提携カードはもちろんのこと、プロパーカードとしてJALが発行しているものでもグレートの差によって特典は大きく異なってきています。

まずJALカードの選び方として、JALが発行しているものを選ぶか提携カードとして他のクレジットカード会社が発行しているものを選ぶかという問題にあたります。特にこだわりがなければプロパーカードで国際ブランドもVISAやJCBといった日本国内ではメジャーなものを選択しておくと間違いないでしょう。ですが、他のお店や交通機関などと併用して使いたいなどの要望があるときには注意が必要です。

例えば、交通機関と併用して利用したときの選び方を考えてみましょう。交通機関と提携しているJALカードとして「JALカードSuica 普通カード」と呼ばれるものが要されています。これは通常利用時にはマイルが貯まるクレジットカードですが、JR東日本管轄内を利用するときには専用ポイントであるビューサンクスポイントが貯まるという仕組みのクレジットカードです。通常のJALカードであれば、このJR東日本での利用分は専用ポイントが還元されませんのでそれだけ実質的な還元率が落ちてしまうことになります。そのため、交通機関と併用するのであれば可能な限り提携カードを利用することが大切です。他にも東急と提携したクレジットカードや小田急と提携したクレジットカードが用意されていますので、JALカードの特典とそれぞれのポイントサービスの特典を両方受けるような選び方が大切です。

また、JALカードのグレードの選び方にも注意が必要です。年齢制限などはありますが特典の多い「navi」や「CLUB EST」が利用できるのであればまずはこちらを利用するべきです。これらは若者向けに作られた優待カードであり通常カードよりもはるかに特典が多いものとなっています。それらの対象でなければ貯まるマイルの量によって選ぶのが一般的でしょう。一般カードとCLUB-Aカードで年会費の違いも大きいですが貯まるマイルの量も異なってきます。CLUB-A以上となるとマイルの貯まり方には大きな差がありませんので、そうなるとゴールドカードやプラスカードといったクレジットカード自体の付帯サービスの多さで選ぶことになります。

■JALカードの種類の中でも最高峰|プラチナについて

JALカードの種類の中でも注目される機会が多くなっているのがプラチナです。JALカードの中でも最高峰といっても良いカードなんです。果たしてどんな特徴を持っているのでしょう。少しでもステータス性の高いクレジットカードを利用したい、と思っている方は必見ですよ。

JALカードのプラチナですが、入会搭乗ボーナスが5,000マイルで毎年初夏の搭乗ボーナスが2,000マイルです。さらにフライトマイルが25%加算されます。ショッピングマイルに関しても、ショッピングマイル・プレミアムに年会費無料で自動入会できるので、100円につき1マイル獲得できるというわけ。

海外旅行保険と国内旅行保険は最高で1億円の設定となっています。

もう一つ注目してほしいのがアドオンマイルの獲得です。アドオンマイルとはJALグループの航空チケットや機内販売などを利用したときに獲得できるマイルですが、100円につき2マイル獲得できるんです。

一方で、注意しなければならないのが年会費です。プラチナカードなので、それなりの年会費を支払わなければなりません。JALカードプラチナの年会費は33,480円となっていますかなり高額となっているので、しっかりとカードを使いこなせる自信のある方のみにおすすめです。ちなみに家族カード年会費もそれなりにかかってきます。16,740円の設定となっているんです。

■学生におすすめのJALカードの種類といえば学生専用 JALカード navi

学生におすすめのJALカードもあるんですJALカードの種類は豊富なので、学生の方にもマッチングしたカードは必ず発見できますよ。
今回は学生専用 JALカード naviについて徹底解説します。いったいどのような特徴を持っているのでしょうか
そもそも学生専用カードということなので、カードを持つにあたり何かしらの制限はあるのでしょうか。確かめてみましょう。

学生専用 JALカード naviですが、おすすめなのが18歳以上の30歳未満の学生の方です。学生専用のカードなので、まずは学生でなければ申し込みができない、といった制限があります。年齢についても制限されるのでその点は覚えておきましょう。
そもそも学生がクレジットカードを持つのは難しいので学生専用 JALカード naviのような学生専用カードは重宝できる存在です。

学生専用 JALカード naviは年会費的なメリットもあります。実は在学期間中は年会費無料の設定となっているんです。学生の時は年会費を払うのも大変ですよね。JALカードは基本的に年会費がかかりますが学生専用 JALカード naviであれば年会費がかからないというメリットが有るわけです。

ちなみに学生専用 JALカード naviにはカード付帯保険もしっかりと付いています。旅行にいく機会が多い、という方でも安心して利用できるというわけ。

■JALカード アメリカン・エキスプレス・カード プラチナの注目情報

JALカードにも様々なハイグレードなカードは存在しています。ハイグレードなカードであれば、やはりステータス性、というものも出てきます。さらに使い勝手の良さ、というところにも注目しましょう。高級店での高額な支払いにも対応できるほどの限度額設定になっているケースも多いわけです。

こちらでは、ハイグレードなクレジットカードとして、JALカード アメリカン・エキスプレス・カード プラチナに注目してみました。果たしてどんな特徴を持っているのでしょう。

■JALカード アメリカン・エキスプレス・カード プラチナの注目の情報とは?

・利用限度額は最大で500万円!

光学の利用も問題ありません。個別に審査が実施されるので、誰しも500万円の限度額がもらえるわけではありませんが、300万円や400万円といったかなり高額な限度額設定がもらえるチャンスもあります。一般カードでは利用できないほどの、高額な買い物だってできてしまうわけです。

・保険に注目しよう

さすがJALカード アメリカン・エキスプレス・カード プラチナと言えるかもしれません。海外旅行保険の最高補償額に関しては、1億円の設定となっています。家族もカバーされており、家族に関しては最高で3,000万円の保障となってます。

■特典で選ぶJALカード

他のクレジットカードでもJALマイルが貯まるような時代にはなっていますが、それでもJALカードにはまだまだ劣ってしまう部分が多いです。それはもちろんであり、JALが発行するJALカードが他のクレジットカードよりも少ない特典であったら使う人が少なくなってしまいますよね。逆に、JALカードならではの特典がどういったものか分かればマイルを貯めるためにも積極的に使いたくなると思います。こまかな特典の内容は個別に紹介していきますが、まずはどのような特典がJALカードには用意されているのかを見ていきましょう。

・入会特典が充実
最近のクレジットカードは入会特典が充実しているものが多く、JALカードもその例外ではありません。入会に関する特典はもちろんですがマイルの付与が用意されています。しかも、この付与されるマイルは年会費よりもはるかに多いマイル数となっています。良くある入会キャンペーンといえば入会金や年会費と同等のポイントを還元するというものでしょう。ですが、JALカードであればそれ以上のマイルを還元してくれているため入会するだけでお得な特典が手に入るクレジットカードとなっています。

・マイルの取得方法が豊富
JALカードという名前であることからフライトでマイルを貯めるクレジットカードとの印象が強いかもしれません。その通りでマイルボーナスが特典として多数用意されています。例えば毎年の初回搭乗時にボーナスマイルが付与されます。これによって年会費以上のマイルが付与されることになりますので特典のおかげで年1回の利用であってもお得感のあるクレジットカードとなっています。他にも、フライトに対するボーナスマイルも用意されており積極的にJALを使うのであればどんどんと特典でマイルが貯まる仕様になっています。
加えて、JALカードではショッピングなどいわゆる「陸」の利用でもマイルが貯まるように設計されています。通常のJALカードであればショッピングの利用に対して0.5%の還元率でマイルが付与されます。これに、「JALカードショッピングマイル・プレミアム」というサービスを年会費3240円で付与すればマイル還元率が1%となります。このJALカードショッピングマイル・プレミアムも普通カードであれば年会費が必要ですが、ゴールドカードなどになると特典として自動的に付与されるものになっています。他にもマイルが貯まりやすくなる特典が用意されているなど、JALカードは特典を活かしてマイルを貯めれるクレジットカードになっています。

■おすすめJALカードでマイルをためる

JALカードのスタンダードカードとなるのが、普通カードです。
普通カードは年会費2,000円(税別)となりますが、JAL アメリカン・エキスプレス・カードは6,000円(税別)となります。
他の普通カードと比べると3倍の年会費となってしまいます。
ただ年会費が高いだけあり、他の普通カードにはないサービスが付帯しています。
より質の高いサービスを受けたいのであれば、おすすめのJALカードです。

JALカードアメックスは入会ボーナスや毎年初回搭乗時は1,000マイル、区間マイルは+10%のボーナスとなります。
ショッピングマイルは200円に1マイル付与となり、ショッピングマイル・プレミアムに登録すると100円に1マイル付与となります。
これは他の普通カードと同じ条件となっています。

大きな違いとなるのが、空港ラウンジ無料利用サービスが付帯することです。
空港ラウンジを無料で使えるのJALカードは、CLUB-Aゴールドカード以上からとなります。
しかしJALカードアメックスは普通カードながら、空港ラウンジを無料で利用できるのです。
しかもJALカード会員本人だけでなく、同伴者も1名まで無料で空港ラウンジを無料利用できます。
連れがいるときに、1人だけ空港ラウンジを無料で使うのは気が引けますよね。
連れも空港ラウンジ無料利用サービスが付帯するクレジットカードを持っていれば良いですが、持っていないというケースの方が多いかもしれません。
JALカードアメックスをもっていれば、連れに気を使うことなく空港ラウンジを使えるようになります。

そしてJALカードアメックスは、アメリカン・エキスプレス・セレクトを利用できます。
国内外100か国以上で8,000以上のホテルやレストランで優待を受けることができます。
利用料金が10%~70%オフになるなど、世界中でお得になります。

またJALカードアメックスでは、銀聯カードを追加発行することができます。
銀聯カードは中国では、もっともポピュラーなクレジットカードです。
中国によく訪れるという方には、銀聯カードがあると便利でしょう。
銀聯カードの利用分はJALカードアメックスでの請求となりますので、ショッピングマイルを貯めることができます。
ただ国内で利用した場合、特約店でもショッピングマイルの精算が2倍になりません。
国内では銀聯カードを使う必要はないかと思います。
普通にJALカードアメックスで支払いをした方が良いですね。