JALカードを使ってお得にJALマイルを貯めよう!

■JALカードでWAONチャージしてマイルを貯める

電子マネーが普及しており、今ではだれでも一つくらい電子マネーを持っているのではないでしょうか。
現在勢力図を広げているのが、WAONです。
イオンが開発した電子マネーとということでイオングループで使うものというイメージがありましたが、現在はさまざまなところで使えるようになりました。
ローソンでも使えるようになりましたし、これからもっと使える場所は多くなると思われます。

JALカードはWAONと相性が良いクレジットカードです。
WAONを使うことで、マイルをためることも可能になっています。
ANAカードは楽天Edyとの提携を強化していますが、JALカードはWAONと密接になっています。

マイルがたまるカードに、JMB WAONがあります。
WAONを使うと200円に1マイルがたまります。
さらにWAONマイル特約店なら、200円に2マイルがたまります。
通常のWAONは使うとたまるのはWAONポイントですが、JMB WAONはマイルがダイレクトにたまるのが特徴です。
ポイントをマイルに交換しなくても良いので、JALマイラーにとってありがたいですね。

WAONは先払い式の電子マネーとなりすので、あらかじめチャージをしておかなければなりません。
チャージは店舗レジやWAONステーションなどでもできますが、おすすめなのはJALカードでのオートチャージです。
JALカードでオートチャージをすると、200円に1マイル、ショッピングマイル・プレミアムに登録していれば100円に1マイルたまります。
ショッピングマイル・プレミアムに登録をしてれば、WAONを200円使えばチャージ時に2マイル、利用時に1マイル合計3マイルを獲得することができるのです。
WAONマイル特約店なら利用時にプラス1マイルとなりますので、合計4マイルを獲得することが可能です。

またショッピングマイル・プレミアムに未登録の場合、JALカードでは200円に1マイルしか獲得できません。
しかしJALカードでチャージしたWAONを使えば、チャージで200円に1マイル、WAON利用で200円に1マイル付与となります。
WAON利用だとダブルでマイルを獲得できるようになりますから、JALカードを使うよりもマイルを獲得数が多いことになりお得です。

イオングループ店舗ではお客さまわくわくデーにWAONを使うと、マイル付与率が2倍になります。
お客さま感謝デーではお会計5%オフになり、イオンではよりお得です。

■家族でJALカードのマイルを貯める

JALマイルを貯めているけれど、1人ではなかなか目標マイルまでたまらない…。
そんなことはないでしょうか。
それなら家族でマイルを貯めるのがおすすめです。
JALカードを持っていれば、家族でマイルを貯められるようになります。

JALカードには家族カードがあります。
本会員と同一生計の配偶者、両親、18歳以上の家族に発行できます。
本会員のJALカード利用状況の問題がなければ(滞納などをしていない)、申込みをすれば家族カードはほぼ発行されると思われます。
家族カードでショッピングをして獲得したマイルは、本カード会員のマイル口座にたまります。
家族でJALカードを使えば、家族でマイルを貯めることができるわけです。

JALカードの家族カードは本カードより年会費が格安になっており、年会費負担を少なくすることができます。
補償などのサービスは本会員と同等となっていますので、お得なクレジットカードと言えるでしょう。

ただ家族がそれぞれJALカードを持っているというケースもあるでしょう。
お父さんはCLUB-Aゴールドカード、お母さんはCLUB-Aカード、お姉ちゃんは普通カード、弟はJALカードnavi…なんて一家もあるのではないでしょうか。
その場合はJALカード家族プログラムを利用するのがおすすめです。
家族プログラムはそれぞれのJALカードでたまったマイルを、家族で合算することができるサービスです。
親会員を1名決めて、子会員9名分まで登録することが可能です。
親会員はJALカードnavi以外のJALカード会員で、20歳以上であることが条件です。
子会員は18歳以上のJALカード会員または家族会員、18歳未満はJMB会員が参加できます。
家族で協力をすれば、たくさんのマイルをためることが出来るでしょう。
特典航空券で家族旅行なんてことも夢ではありません。

JALカード家族プログラムは、18歳未満、18歳の高校生会員に特典があります。
毎年初回搭乗時には1,000マイルの付与があり、普通カードと同じボーナスを獲得できます。
さらにスカイメイト運賃で搭乗した場合、区間マイルが75%から100%にアップします。
18歳以下のお子さんがいるなら、家族プログラムに登録をすればよりマイルを貯められます。

JALカード家族プログラムに登録したいけれど、費用が気になる…という方もいるでしょう。
家族プログラムは年会費は入会金などは不要で、無料で登録できるので費用の心配はありません。

■JALカードのETCカードでマイルをためる

フライトだけでなく、車での移動でもマイルを貯めることは可能です。
JALカードでETCカードを発行しましょう。
ETCカード利用分はクレジットカードの利用分となりますので、有料道路を走行するためにマイルをためることができます。
ETCカードでも200円に1マイル、ショッピングマイル・プレミアムに登録していれば100円に1マイルが獲得できますよ。

ETCカードは、JALカードの新規申込時に同時発行することができます。
すでにJALカードを持っている場合は、追加で発行するかたちになります。

JALカードのETCカードは、JALカードではなく提携しているクレジットカード会社からの発行となります。
そのため選択したJALカードにより、ETCカードが異なっています。
ETCカードを利用する可能性がある場合は、ETCカードの発行手数料や年会費を確認してJALカードを選ぶようにしましょう。

・JAL MasterCard、JAL Visaカード、JALカード TOKYU POINT ClubQ
DCカードからの発行となります。
年会費無料ですが、発行手数料として1,000円(税別)が必要となります(CLUB-Aゴールドカードは発行手数料無料)。

・JAL JCBカード、JALカード OPクレジット
JCBカードからの発行となります。
年会費無料、発行手数料無料です。

・JALダイナースカード
ダイナースクラブカードからの発行となります。
年会費無料、発行手数料無料です。

・JALカードSuica
ビューカードからの発行となります。
発行手数料は無料ですが、年会費が515円(税込)が必要となります。

・JAL アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカードからの発行となります。
年会費無料、発行手数料無料です。

ETCカードの発行におすすめなのは、年会費も発行手数料も無料のJALカードとなるでしょう。
JCBカード、ダイナースクラブ、MUFGカードが発行するJALカードが良いでしょう。
ダイナースクラブやMUFGカードのJALカードは、年会費も高くなってしまいます。
普通カードですとJCBカードがOPクレジットがおすすめとなりますね。

ETCカードは1枚のJALカードに対し1枚発行できます。
家族カードにも1枚ずつ発行できますので、家族がそれぞれ車に乗っているなら家族カードを発行しETCカードも発行するのが良いでしょう。
家族でよりマイルを貯められるようになります。

■JALカードでマイル増加の特典ゲット

飛行機を多く使うから、どうせならば出来るだけ多くのマイルを貯めておきたいと考える人は多く居るでしょう。私もその一人で、国内・国外への移動が多いためどうすればマイルを賢く貯めれるかを以前より研究しています。その中でも、JALを使うのであればやっぱりJALカードが一番マイルが貯まりやすいという結論に落ち着いたのは想像に難くないことです。

JALカードを使うことによるマイルの増加特典は大きく分けて二つあります。順に項目として説明していきましょう。
・特定条件を満たすことによる特典マイルの付与
これは回数は多くはありませんが、JALカードの発行後初回フライト利用時と毎年の初回フライト利用時にボーナスマイルが特典として付与されるものです。入会時の特典マイルが多いことは他社でもありえることですが、毎年初回フライトに対してこれだけの特典が発生することはおおくありません。この特典は利用しているJALカードの種類に左右され、普通カードであれば1000マイルの付与がゴールドカードであれば2000マイルの付与が設定されています。また、加えて20代であればJAL CLUB ESTに加入することも可能でありここに加入するとさらに1000マイルが特典として付与されるようになっています。こういった特典を上手く活用することによってJALカードはマイルが効率よく貯まっていくような仕組みとなっています。

・通常のフライト利用によるマイルの増加
これはJALカードを利用してJALのフライトを利用することによって、通常のフライトマイル以外にもボーナスマイルが特典として付与されるサービスです。ボーナスマイルの割合は利用しているJALカードのグレードに左右されますが、最低でも10%増加で最大で25%の増加が設定されています。つまりJALカードを利用してフライトするだけで本来の移動距離に対して110%から125%のマイルが付与されるようになっています。このボーナスマイルの特典は使えば使うほど大きくなっていくものですので積極的にJALを利用される方であればどんどんと特典が大きくなるでしょう。

JALカードは年会費の必要となるクレジットカードですが、マイルの増加特典はその料金を遥かに超えるものとなっています。初回フライトに関するボーナスマイルは使えば使うほど相対的には小さくなっていきますが、それでも十分なマイルが付与されていますのでそこまで気にする必要もなさそうですね。

■マイルもたまるJALカード会員向けきっぷ

JALカードを持っていると、お得な航空券を利用することができます。
JALカード会員のみのサービスとなるのが、JALビジネスきっぷです。
2枚つづりのお得なきっぷとなっています。
料金は季節により異なりますが、通常より40%もお得になる区間もあります。

JALビジネス切符は、当日の予約や変更が可能です。
急に出張に行くことになった!なんてときも、当日購入ができます。
空港で直接購入することもできるので便利です。

そして区間マイルが100%たまるのが特徴です。
割引となるお得な航空券は、フライトマイルが50%や75%など、100%もらえることはありません。
ビジネス切符はお得な料金で購入ができるのに、区間マイルをしっかりためられるのです。

JALビジネスきっぷは2枚つづりとなっていますが、これは往復でも同じ区間を2回でも使うことができます。
行きはビジネスきっぷを使っても、帰りは別の方法で航空券を購入してもOKなのです。
国内線全路線で使うことができますので、出張、旅行、帰省など、いろいろな場面に使うことが出来るでしょう。
ただビジネスきっぷには有効期限があります。
発行日の翌日から90日間となっていますので、有効期限内に使いきるようにしましょう。

特割の方が運賃が安くなることもあるのですが、マイルを貯めたいなら100%の区間マイルがたまるビジネスきっぷの方がおすすめとなるでしょう。
また特割は予約変更が無理ですが、ビジネスきっぷは直前の予約変更が可能です。
柔軟性があるので予定が変更になりそう…というときは、ビジネス切符の方が安心です。

JALビジネスきっぷはJALカード会員のみのサービスとなり、購入はJALカードでの決済しかできません。
クーポンやポイントなどでの購入はできません。
空港でビジネスきっぷを購入しようとしたけれど、JALカードを持ってくるのを忘れた…。
なんてことになると、購入することができませんので気を付けましょう。
JALカード会員向けのサービスなので、JALカードでしか決済ができないのは仕方がないかもしれません。
まあ、JALカード以外で決済ができたとしても、JALカードで決済をするのがおすすめです。
JALカードをを使えば、その分マイルもたまりますからね。

JALビジネスきっぷは使えない便があったり、売り切れとなっていることもあります。
いつでも購入できると思っていたら使えなくて困った!とならないよう、事前に購入できるか確認することも重要です。