JALカードでマイルをためよう!

日本で一番参加者が多い航空マイレージプログラムは、JALマイルでしょう。
JALマイルがたまるのは、フライトだけではありません。
クレジットカードでショッピングをし、マイルをためる方法もあります。

クレジットカードでたまったポイントをマイルに交換する方法もありますが、おすすめなのはダイレクトにJALマイルがたまるクレジットカードです。
JALマイルはショッピングをすると、マイルを獲得することができます。
クレジットカードをポイントをマイルに移行する手間がなく、移行手数料がかかることもありません。
ANAカードはショッピングをするとクレジットカードポイントがたり、それをマイルに移行する形になります。
交換レートを高くしたければ年間5,000円~6,000円程度の移行手数料を支払わなければならず、余計な費用がかかってしまいます。
JALカードは手間も費用もかけずにマイルを貯めることができるので、便利でお得なクレジットカードと言えるでしょう。

またJALカーどは、ショッピングだけでなくフライトでもマイルを貯めやすいクレジットカードです。
区間ボーナスマイルの付与などがあり、ただJALでフライトをするよりもマイルをためやすくなっています。
空でも陸でもマイルを貯めたいなら、JALカードは必携ではないでしょうか。

JALカードは普通カード、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナカード、学生向けカードなどがあります。
JALカードグレードによりボーナスマイルの付与率や、空港ラウンジ無料サービス、旅行保険などの内容が変わってきます。
普通カードがスタンダードカードとなりますので、まずはここから発行してマイルをためるのが良いでしょう。
フライトやクレジットカードの利用金額により、グレードをアップさせていくのがおすすめです。

JALカードはいくつかのクレジットカード会社と提携発行されており、DCカード、JCBカード、ビューカード、東急ポイントカード、小田急カード、MUFGカード、ダイナースクラブカードなどが発行しています。
ショッピングマイルの付き方などJALカードの基本的な機能は同じですが、発行元により異なる機能もあります。
自分のライフスタイルなどにより、どのJALカードがマイルをためやすいかを比較し選ぶのが良いでしょう。
すべて同じだと思い適当に選んでしまうと、後で「失敗した…」となってしまう可能性があります。

■JALカードはフライトでマイルがたまりやすい

JALマイルはフライトにより貯めることができますが、JALカードがあるとよりマイルがたまりやすくなります。
JALマイルは基本の区間マイル+ボーナスマイルが付与されます。
普通カードは10%、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナカードでは25%のマイルがプラスされます。
JALカードなしでフライトをするより、断然お得ということになります。
フライト区間が長い人ほど、マイルがたまりやすくなりますね。

さらにJALカードでは、入会と継続ボーナスがあります。
入会と毎年初回搭乗時は1,000マイル、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナカードは入会5,000マイル毎年初回搭乗時は2,000マイルが付与されます。
年に1度フライトをすれば、必ず1,000~2,000マイルもらえてしまうのです。
ただここで気を付けて欲しいのは、入会翌年以降はフライトがないと継続マイルがもらえないことです。
年に1度もフライトがなければ、ボーナスマイルは0になってしまいます。
ANAカードはフライトしなくてもカード会員であれば、毎年継続ボーナスがもらえます。
そのためJALカードも同じだと、勘違いしている人が多いようなのです。
JALカードを持っているなら、年に1度はJAL便に搭乗するのがおすすめです。

JALカードにはツアープレミアムというサービスがあります。
年会費に2,000円(税別)プラスすると利用できます。
区間マイルはパッケージツアーや先得割引などを利用すると、100%もらうことができません。
付与されるのは50%~75%の区間マイルとなってしまいます。
しかしツアープレミアムに入会していると、どんな方法で予約をした場合でも100%の区間マイルを獲得できるようになるのです。
お得な価格で航空券を購入しているのに、区間マイル100%をもらえるのはお得ではないでしょうか。
今までフライトをしてもマイルがあまりたまらない…と思っていた人でも、ツアープレミアムがあるおかげでマイルがたまりやすくなると思われます。
年会費2,000円が必要になりますが、1度のフライトで元を取れることもあるでしょう。

ツアープレミアムは、JALカード会員のみを対象としたサービスです。
JALカードはフライトマイル+10%~25%のボーナスマイルが加算されます。
さらにツアープレミアムボーナスで100%の区間マイルがもらえるとなると、お得度はかなり高いですよ。

■JALカードでよりマイルをためる方法

JALカードは基本的に200円に1マイルがたまります。
1マイルを1円相当とすると、還元率は0.5%です。
そう聞くとちょっと物足りないと感じるのではないでしょうか。
クレジットカードの還元率は、今では0.5%だと低い方となってしまいます。
年会費無料クレジットカードでも還元率1.0%以上になるケースが増えているので、JALカードももう少しマイルがたまりやすかったら良いのに…なんて思う方もいるのではないでしょうか。

ただクレジットカードポイントをマイルに交換すると、還元率が下がってしまうことがほとんどです。
還元率0.5%でもマイルにすると0.3%に、還元率1.0%でもマイルにすると0.5%になってしまうようなクレジットカードポイントがほとんどなのです。
そう考えると200円で1マイルたまるJALカードは、マイルがたまりやすいクレジットカードと言えるでしょう。

しかしJALカードで、もっと還元率を上げる方法があります。
それはJALカードショッピングマイル・プレミアムに登録することです。
年間3,000円(税別)の年会費を支払い登録をすると、100円に1マイルがたまるようになります。
通常のJALカードの2倍のポイントとなるのです。
利用店舗が限られているなどの制限はなく、どんなものに使っても100円に1マイルがたまるようになります。
公共料金の支払いでも、100円に1マイル付与です。
1か月に5万円JALカードを使った場合、200円に1マイル付与なら250マイルがたまります。
ショッピングマイル・プレミアムに登録していれば、100円に1マイル付与なので500マイルがたまります。
1か月250マイル多く獲得できれば、1年間だと3,000マイルも多く貯められることになります。
JALカードを年に5万円程度使っていれば、ショッピングマイル・プレミアムの年会費の元は取れるでしょう。

ちなみに特典に交換しているJALカード会員の80%が、ショッピングマイル・プレミアムに登録しているそうです。
それだけマイルがためやすく、マイルを特典に交換しやすくなるということになりますね。

ショッピングマイル・プレミアムは、本カード会員が登録をすると同時に家族カードにも適用になります。
家族でカードごとに登録をしなくてもよく、年会費も本カード会員の3,000円のみで良いことになります。
ショッピングマイル・プレミアムに登録すれば、家族でお得にマイルを貯められるようになります。

■JALカード特約店でマイルをためる

JALカードを使うと200円に1マイルがたまります。
さらにショッピングマイル・プレミアムに登録すると、100円に1マイルたまるようになります。
ショッピングマイル・プレミアムは年会費3,000円(税別)が必要になりますが、費用がかかってもマイル付与率が2倍になる方がお得と感じる人が多いです。

そしてJALカードには、さらにマイルをためる方法があります。
それはJALカード特約店を利用することです。
JALカード特約店は200円に2マイルが付与されます。
ショッピングマイル・プレミアムに登録をしていれば、100円に2マイルたまるようになります。
200円に1マイル付与に比べると、なんとマイル付与率が4倍にもなってしまうのです。
1マイルを1円相当と換算すると、還元率は2.0%にもなります。
これならマイルをどんどんためることができるでしょう。

ただJALカード特約店って、普段使うようなところにあるの?!と思う方もいるでしょう。
いくらマイルがたまりやすいからといっても、使う機会がないとどうしようもないですよね。
JALカード特約店は街中にたくさんあります。
全国に4万店舗以上があり、普段から使っている店舗もきっとあるでしょう。

一例を挙げてみると、こんなところがJALカード特約店になっています。

ENEOS、大丸、松坂屋、ファミリーマート、ハックドラッグ、ノジマ、ディノス、トヨタレンタカー、紀伊国屋書店、ニューバランス、紳士服のコナカ、ロイヤルホスト、二木ゴルフ、イオン、マツモトキヨシ、日本通運、シダックスカラオケルーム歌広場…。

どれも有名な店舗であり、利用者は多いかと思われます。
このようなところがJALカード特約店になっているなら、マイルはどんどん貯められる可能性が高いでしょう。
特におすすめなのは、ENEOSでの利用。
給油をするさいはガソリン系のクレジットカードがお得とされています。
1リッターあたり○円値引きされれば、燃料代を節約できてお得ですよね。
しかし100円で2マイルがたまるJALカードの方が、値引きよりお得になることもあるのです。

JALカードの特約店が多いのは、JALカードの会員を顧客として取り込みやすいからなのでしょう。
マイルがよりたまるなら、JALカード特約店を意識して使うというケースも出てきます。
JALカードの会員数は多いですし、特約店になることでる売り上げをアップさせることができるのです。

■ネットショッピングでJALカードマイルを貯める

JALカードはインターネットショッピングで利用するのもおすすめです。
200円に1マイル獲得できますし、ショッピングマイル・プレミアムに登録していれば100円に1マイルが獲得できます。
今では実店舗よりインターネットショッピングでの買い物する方が多い!なんて人は、JALカードでマイルをためるチャンスです。

インターネットショッピングを利用するなら、経由しておきたいのがJALマイレージモールです。
JALマイレージモールを経由すると、さらにマイルを獲得することができるのです。
マイルの付与率は100円に1マイル、200円に1マイルなど、ショップにより異なります。
JALマイレージモールを経由して100円に1マイル付与のショップを利用したとします。
10,000円購入すれば、100マイルが獲得できます。
そしてJALカードで決済すれば、100円に1マイル(ショッピングマイル・プレミアム登録時)付与となり100マイルが獲得できます。
合計200マイル獲得できることになりますね。
JALマイレージモールを経由すると、いつもより倍のマイルがたまることになるのです。
これは経由しないと損をしてしまいます。

JALマイレージモールでは、期間限定でマイル付与率がアップしているショップもあります。
通常は100円に1マイル付与となりますが、100円に2マイル、100円に3マイルなどとなり、100円に5マイル付与になることもあります。
こういった期間限定サービスを、利用するのも賢いマイルの貯め方です。

またJALマイレージモールは、ショッピングをしなくてもマイルをためる方法があります。
口コミを投稿したり、新規会員登録をしたりすることで、マイルを貯めることも可能です。
JALカードを使わなくてもマイルを貯められるのでお得ですね。

JALマイレージモールは次々と新着ショップが増えており、ますます使いやすくなると思われます。
使えるショップが多いと、それだけJALカードでマイルをもらえるチャンスが多くなるということになりますからね。
ちなみに現在アクセスが多いショップは、Amazon、ユニクロ、三越、大丸・松坂屋、ポンパレモール、ロハコなどです。
やはりAmazon利用者は多いですね。
JALマイレージモールを経由することで、Amazonでは200円に1マイルが付与されます。
JALカードで支払をして、Amazonでもしっかりマイルを貯めましょう。