JALカードの基本機能をまとめました

■特典のおかげで年1回の利用でもJALカードはお得になる

本科員のみならず家族カードであっても入会金や年会費が必要なのがJALカードです。一般カードであってもクレジットカードの発行、その他マイル還元率を高めるオプションなどを設定すると概ね1万円程度の年会費(本会員)となり一般的なゴールドカードと同様の価格帯となってしまいます。このことから入会したくとも維持費以上の特典を受けることが出来るのか悩んでしまう方も少なくないようです。ただJALカードは年会費などの維持費が高いこともあり、数多くの特典が用意されているクレジットカードでもあります。いったいどの程度利用すればこの特典がお得に変わるのでしょうか。

なんとJALカードでは利用しているカードの種類にもよりますが概ねフライト1回で維持費以上の特典を得られるように設計されています。一般カードであっても、1回フライトすればマイルが還元されますのでそこからはずっとお得ということになります。どういう仕組みでこれだけお得になるのでしょうか。

理由の一つ目は新規入会の特典であるボーナスマイルが付与されることです。これはクレジットカードのグレードによって左右されますが一般カードであれば1000マイル、最も多いものであれば5000マイルが付与されます。ショッピングで1000マイルを貯めるには、ショッピングマイル・プレミアム会員を利用し、還元率が1%になっていたとしても10万円利用する必要がありますのでこれだけで年会費以上のマイルが付与されていることになります。
二つ目はこれに加えて毎年の初回搭乗時にはボーナスマイルが1000マイルor2000マイル付与されることです。これも同様の計算をすると10万円や20万円を超える利用が必要となるなど年会費を超えるマイルが付与されていることになると思います。

ただ、これらの特典はJALのフライトを年に1回は利用しれなければならないため注意が必要です。そのためショッピングがメインとなり陸でマイルを貯めることを見込んでいる人はオプションの付け方を選ばなければなりません。維持費1万円の中にはショッピングでのマイル付与率が上がるショッピングマイル・プレミアム会員やツアー参加時のマイル付与率が高まるツアープレミアムといった物も含まれいるためです。といは言えども年に1回でもフライトを利用すれば特典のおかげで維持費はゆうに超えるマイルが付与されます。何かの移動の際に短くてもフライトを使ってマイルを貯めてみるのが一番良いとは思います。

■JALカードの特典航空券を検証

JALカードの魅力といえば何といってもマイルが貯まり、それを特典航空券に交換できることでしょう。特典航空券とはJALカードユーザなどJALの会員となっている人々向けに用意されているマイルを使用して交換が可能な航空券のことであり通常よりも割安に設定されていることが多いです。この特典航空券には利用上の注意事項や特典など知っておきたいことが様々ありますので順にご説明していきましょう。

・特典航空券の取得方法と利用可能時期
基本的に特典航空券の申し込みはWebサイトの専用ページか会員デスクへの電話連絡によって対応してもらうことが可能です。ホームページであれば会員番号とパスワードが必要となりますし、電話連絡の場合も会員番号が必要です(本人確認に関する質問をされるはずです)。
上記のように取得が可能な特典航空券ですがいつでも利用が可能というわけではありません。特典航空券自体に利用期間の制限が設定されていたり、繁忙期などもともとJALカード所有者であったとしても発行されていない場合もあります。こういった状況は毎年微妙に変更がありますので、専用Webサイトなどで告知されている情報には注意してください。

・予約対応期間
いつでも発行できる訳ではない特典航空券はその予約可能期間にも決まりが存在しています。
・国内線:搭乗予定日の2ヶ月前の同日から搭乗予定日の4日前まで
・国際線:搭乗予定日の330日前から搭乗予定日の4日前まで
国内線はまだ分かる期間ですが、国際線なんてこんなに前から予約している忘れてしまいそうですよね。ただ、国際線に関しては数に限りもありますのでJALカードを上手く使いマイルが貯まっているのであれば早い段階から予約しておいたほうが良いこともあります。

・さらに安い特典航空券もある
特典航空券の中にはディスカウントマイルと呼ばれるさらに交換に必要なマイルが少なくなる航空券も用意されています。これはいつでも用意されているわけではなく、比較的閑散期に交換が可能になることが多いのですが通常の航空券よりも基本的に500マイル少なく交換が可能となっています。500マイルといえども数が重なれば大きくなりますし、JALカード会員向けの特典として、一定数用意されているものでもありますので利用できる場合は積極的にディスカウントマイル枠を利用するべきでしょう。こちらも設定期間と除外日は年度によって少しずつ差がありますので公式サイトにて確認するようにしてください。

■どれぐらい利用すればJALカードの特典でフライトが使えるのか

ビジネスなどでJALカードを利用されている方は、ある程度のマイルが貯まるとそれを使ってフライトしてみたいですよね。ただ、マイルが貯まりやすいJALカードとは言えども実際にどれぐらい利用してどれぐらいのマイルがフライトに必要なのか分からないといまいちモチベーションもあがりませんよね。そこで、今回は日本の主要な都市である大阪と東京をマイルで交換できる特典航空券で移動する場合を想定してどの程度の特典を利用すればフライト出来るのか計算してみたいと思います。今回は普通カードで想定しています。

まず、大阪と東京間の特典航空券を取得するのに必要なマイルを調べてみましょう。公式サイトを閲覧すると概ね11000マイルあれば大阪と東京間のフライトが楽しめると記載されています。閑散期であればこれよりも500マイル少ない特典航空券も用意されているのですが、今回は通常時の11000マイルを目標として計算することにしてみましょう。

特典を利用してマイルを貯める方法には二つあり一つ目はフライトの利用で二つ目はショッピングの利用です。
まずはフライトの利用を考えてみましょう。フライトは年に1回以上利用するものとしましょう。これによって特典のボーナスマイル1000マイルを手に入れることができます。そしてフライトによって貯まる通常マイルと特典マイルですが、これは通常マイルが280マイル、特典マイルが28マイル貯まることになり合計で308マイルが貯まります。往復であれば616マイルが貯まることになりますね。ただこれだけでは11000マイル貯めようと思うと年間15往復ほどしないといけなくなるためなかなか出張などの多い人で無いと遠い数値となっていまいます。
そこで重要となるのが二つ目のショッピングの利用によるマイルの獲得です。こちらは特典マイルも含めて還元率が最大で1%に設定されています。仮に10000マイルを貯めるには100万円の利用をすればよいことになりますので、これはメインカードとして使えば意外とすぐに貯まってしまうマイル数となっています。家賃の支払いやみんなから集めたお金をまとめて支払うといったことをしていれば、すぐに超えてしまうかもしれませんね。

結論として、フライトだけでは11000マイルを貯めるのは難しいと思われます。ですが、年に数回のフライトとクレジットカードを年間100万円(月間8万円程度)使用していればそれだけ片道分の特典航空券は手に入るのです。

■JALカードにも各種保険の特典が用意されています

クレジットカード選びにおいて何かと重要になるのが付帯されている保険の内容です。保険なんて一度も使ったことが無いし気にしていないという方ももちろんいらっしゃるとは思いますが、JALカードを使うぐらいフライトが多い場合や海外への旅行・出張が多いとなるとこの特典として付帯されている旅行傷害保険の内容が非常に重要となってきます。日本で生活していればなんら不自由を感じない医療業界ですが、海外では日本で一般的な治療を受けるのも一苦労の場合もあり中には日本では数千円の治療に何十万から何百万円も必要となってしまう場合もあります。日本で利用することだけを考えるのではなく、海外の医療事情を的確に把握して付帯されている保険についても注目することが必要な時代になってきています。もちろん、JALカードの保険はこれに限りませんのでこちらもあわせて紹介していきましょう。

・旅行傷害保険
旅行傷害保険の内容はJALカードのクラスやクレジットカードの国際ブランドによって差が出ています。具体的には次のような補償内容です。
・「navi」「普通カード」:国内海外共に1000万円(AMEXのみ3000万円)
・「CLUB-Aカード」:国内海外共に5000万円
・「CLUB-A ゴールドカード」:国内外ともに5000万円(JCB・ダイナースは1億円)
・「プラチナ」:海外1億円、国内5000万円(JCBのみ1億円)
旅行傷害保険についてはどれも十分だと考えられます。国内では念のために1000万円あれば基本的には問題ありませんし、海外についても3000万円付帯されていれば十分だと考えるのが普通です。JALカードに関しては全体的にこの目安を上回っていますので、旅行傷害保険については十分な付帯がされているといえるでしょう。

・ショッピングガード保険
JALカードで購入した製品に対する特典です。購入後90日以内で破損・盗難・火災などの人的ミスではないトラブルが発生してしまった場合にその被害を補償してくれる保険となっています。事前の届出などは必要なく、対象とするためにはJALカードを用いて商品を購入するだけという簡単な保険となっています。補償金額の上限は
・「普通カード」「CLUB-Aカード」:JCBは100万円、AMEXは200万円
・「CLUB-A ゴールドカード」:300万円(JCB・ダイナースは500万円)
・「プラチナ」:AMEXは300万円、JCBは500万円
となっています。

■JALカード特約店でマイル特典を受けよう

JALカード利用者の方はすでにご存知かもしれませんが、JALカードにはマイルの付与率に特典があるJALカード特約店というものが存在しています。JALカード特約店でJALカードを利用した決算をするとなんとマイルの還元率が2倍になるんですね。これを利用すると特典込みのマイルは最大で2%となり、非常に還元率の高いクレジットカードの一つとなります。そのためJALカード特約店を利用することがあれば、積極的にJALカードを利用しなければなりません。そしてJALカード特約店の中にはWAONの特典を上手く組み合わせることによってさらにマイルが貯まるお店も含まれていますのでチェックポイントの一つとなっています。

さて、このJALカードユーザー向けに特典が用意されているJALカード特約店ですがどのようなお店が対象となっているのでしょうか。普段から使うようなお店でなければ少し使い勝手が悪いですよね。JALカード特約店となっているものとてして、まずはJALグループが挙げられます。もちろんですよね。JALカードがJALの利用でマイル還元率が高まらないはずがありません。ということで、JALの航空券を初め提携店舗や車内販売などで利用した金額に対してはマイル還元率が2倍になるようになっているのです。
ただ、これだけでもまだ使い勝手が良いとは言い切れませんよね。もっと使い勝手が良いお店が無いと日々の生活でマイルを貯めることは難しくなってしまいます。この問題についても大丈夫です、みなさんが使うようなお店がJALカード特約店として用意されています。まず大手の企業といえばイオンがJALカード特約店の一つとなっています。イオンでJALカードを利用して支払いをすれば還元率が2倍になるため、日常的にイオンを利用されている方は意外とすぐにマイルが貯まるかもしれません。またコンビニ大手のファミリマートもJALカード特約店です。何かとよく使うコンビニをファミリマートにしてあげることで特典を気軽に受けることが出来るでしょう。
他にはENEOSや飲食店、ホテルなどの一部もJALカード特約店になっていることがありますので公式サイトなどで確認してみると良いと思います。

JALカードを使う上での特典としてJALカード特約店は積極的に使わなければ勿体無い部分です。買い物をする場所は固定されている方も多いとは思いますが、この機会に新しい購入先を見つけてみるのもいかがでしょうか。