JAL利用者必見 JALカードについて理解しよう

マイルが貯まるのって旅行とか飛行機を良く使う人だけなのでは?という印象が今でも多いように思います。しかしながら、最近は様々なポイントシステムとマイルの交換制度が生み出されており賢く使えば飛行機をあまり使わなくともマイルが貯まるようになってきています。そんな中でJALのマイルを貯めるのに必須となってくるのがJALカードです。JALを少しでも使うのであればJALで賢くマイルが貯まるように設計されているJALカードをしっかりと活用してマイラーにならなければなりません。

さて、このJALカードですがどのような特徴があるのでしょうか。使用するにあたって知っておきたいポイントを紹介していきましょう。
まず初めは年会費についてです。JALカードは一般カードやゴールドカード、電子マネーに対応したものや学生向きのものなど様々なタイプのクレジットカードとして用意されています。これらの共通して言えることはどれも年会費は無料ではないということです。入会初年度は無料とはなっていますがそれ以降は年2000円~の維持費が必要となっています。同様に家族カードについてもJALカードの場合は初年度が無料でそれ以降が1000円~の維持費となっています。またこれに加えてマイルが貯まりやすくなるプレミア会員となると追加で料金が発生してしまうので維持費の面では少し高くなってしまうことに注意が必要です。

それではどれぐらいJALを利用すればこの年会費を支払ってでも持つべきなのかというと概ね年1回の利用で問題なく持つ価値が生まれると思われます。年会費が必要とはなっていますがJALが発行するJAL向けのクレジットカードですので利用に関してお得なポイントがたくさん用意されています。まずは毎年の初回搭乗ボーナスです。こちらはJALカードを利用して有料の飛行機を利用する際に、年間で1回目だけですが1000-2000マイル付与されるというポイントサービスです。これに加えてもちろんフライトマイルも貯まりますのでJALカードならではの特典と言えるでしょう。1000マイル貯めるために飛行機に乗っても他社のポイントサービスから交換しても年会費以上の額は必要となりますので、年間1回だけの利用でもお得になることが理解いただけると思います。

また通常のフライトに関してもJALカードで支払いをすればボーナスポイントが付与されます。こちらは利用すればするほどお得になっていきますので、JALカードを積極的に利用していくことも視野に入れてもいいでしょう。

■JALカードの特典をよく知ろう

JALカードは様々な特典が提供されていますが、実際どのような特典が提供されているのか理解されていますか。JALカードのクラスによって提供されている特典は違うものがあり、国際ブランドによっても多少は異なる部分があります。今回は全般的にどのような特典が提供されていて、どこにJALカードを使う意味があるのかを紹介していきましょう。

・マイル獲得に関するもの
どのJALカードにも3つのマイル獲得ボーナスが提供されいます。
一つ目はJALカードを初めて利用したときに発生する初回搭乗時ボーナス。
二つ目が一年のうち一度目のフライトに対して付与される毎年初回搭乗時ボーナス。
最後がフライト毎に加算されるフライトボーナスマイルです。
フライトボーナス以外はクレジットカード毎に一定のマイルが付与されており1000マイルから5000マイルで設定されています。このマイルを獲得するだけでも年会費を賄えることもあるので、1年に1回のフライトであってもJALカードは使用する価値が大きいと考えられます。フライトボーナスは一般カードであれば10%が加算され、それ以外では15%から25%が加算されるような仕組みとなっています。
また、フライト以外でのマイルの獲得は基本的に利用額の0.5%に設定されています。これに追加で年会費を支払うことによって最大で1%の還元率に引き上げることも出来るのですが、上位のJALカードであれば無料でこの機能が付帯されていることもあります。

・JALカードの提示で受けられるもの
JALカードの提示や利用で受けられるメリットとしてまず最初に挙げられるのがJAL/JTA機内販売商品の割引です。JAL/JTA機内販売やJAL SHOP機内販売オンラインストアの支払いにJALカードを利用することによって「支払い金額が10%オフ・ショッピングマイル
が2倍・国際線機内販売マイルが貯まる」といった利点があります。JALが発行しているクレジットカードを利用しているからこそのメリットと言えるでしょう。
またJALが発売しているツアーパッケージも最大で5%オフになる制度も導入されています。JALカードを所有している参加者本人だけではなく、同伴者に対しても割引が適用されますので一人でも複数人でも利用が可能な特典となっています。一部対象外のものもありますので、オンラインサイトなどで対象のツアーを確認するようにしてください。

■JALカードはやっぱりJALマイルが貯まる!?

JALカードの利点といえば当たり前ですがJALマイルが多くたまることのはずですよね。数多くあるJALカードのシリーズの中でJALマイルはどの程度貯まるのでしょうか。JALマイルのため方は大きく分けて二つあり、一つはJALを活用したフライトマイルを貯めることです。これが一般的にマイルを貯めるといった行為のことでしょう。二つ目はJALカードを利用したことによってポイント還元の要領でマイルが貯まっていくというパターンです。

今回はJALカード全体としてどの程度利用すればJALマイルが貯まっていくのかを具体的な数字を用いて計算してみたいと思います。

まずフライトを用いてJALマイルを貯める方法ですが、これは想像のとおりJALに多く乗れば乗るほどマイルが貯まっていきます。JALカードの中には初回のフライトで1000マイル程度のボーナスがつくこともありますのでこういったボーナスマイルを貯めることも意識するとフライトを多く使う人は必然的にマイルが貯まるようになっています。

では、フライト以外でのマイルはどの程度たまるのでしょうか。基本的なマイルの還元率は0.5%に設定されていますが、これに有料オプションのショッピングマイル・プレミアムを付加することによって1%の還元率に設定されます。還元率1%でマイルが貯まり続けるのであればメインカードとして利用していけばしっかりとマイルを貯めることが出来そうです。
仮に分かりやすいように、東京から大阪までの航空券を得たいとします。通常のマイル交換率であれば大体11000マイル程度あれば無料で航空券に交換できるはずです。厳密には繁忙期と閑散期で交換できるマイル数が異なるのですが今回は簡略化のために考えないことにします。還元率1%で11000マイルを貯めようと思うと単純計算で110万円の利用が必要となります。端数が出ることも考慮すれば120万円程度の利用でこれぐらいのマイルが貯まることになるでしょう。1年に数回交換しようと思うのならばまだまだ道は険しいですが、1回の交換であれば月間10万円程度利用していれば良いだけですよね。家賃の支払いや携帯電話といった通信費の支払いをクレジットカードにまとめることによって、意外と大きな金額を支払えますので気づけばJALマイルも貯まっているということが考えられるでしょう。またそこまで使わないという人でも1年半あれば貯まると思いますので充分な価値だと思います。

ショッピングマイル・プレミアムへの加入に必要な金額は数千円程度ですので、これだけの出費で獲得マイルが倍になるのであれば良いのではないかと私は考えています。結論として月々10万円程度利用するメインカードとして利用していればJALカードはフライト有無に関わらずそれなりのマイル獲得が見込めるクレジットカードであると言えるでしょう。

■生活にあったJALカードを選ぶことが大切

いつの間にかJALカードの種類が増えてきたことを皆さんはご存知でしょうか。JALが発行しているいわゆるJALカードの他にも、鉄道会社と提携したものや若者専用のものなどその種類は多岐に渡ります。そのためJALカードを使うにあたっては自分の生活スタイルにあったものを選ぶことが大切です。生活スタイルによって、とあるクレジットカードではあまりJALマイルが貯まらないのに他のクレジットカードにするとJALマイルが貯まりやすくなるといったことが十分に考えられる時代となっています。自分のライフスタイルにあったJALカードを選ぶことによって、クレジットカードの支払い料金に対してなるべく無駄なくJALマイルを貯める生活を送ることが出来るようになるんですよ。

・フライトの利用が多い場合
まずはJALマイルを貯める王道の方法であるフライトが多い場合を考えてみましょう。フライトが多い場合はフライトマイルが貯まりやすいJALカードやボーナスマイルが多くなるJALカードを選ぶことが大切でしょう。具体的には「JALカード CLUB-Aカード」や「JAL普通カード」といったJALカードが考えられます。前者は年会費は少し高いですがフライトマイルが常に多く貯まるため利用すればするほどお得になるカードとなっています。後者はフライトマイルは通常と同じですが、初回のフライト利用時にボーナスマイルが貯まるためフライトの利用は少なめでもお得感を感じることが出来るクレジットカードとなっています。

・フライトではなく鉄道利用も多い場合
鉄道の利用も多いのならば各種鉄道事業者と提供しているJALカードを利用することをおすすめしています。例えば首都圏であるならば「JALカードSuica 普通カード」といったものが存在しています。こちらのクレジットカードは通常利用時にはマイルとして還元され、JR東日本内で利用したときにはビューサンクスポイントと呼ばれるマイルにも交換できるポイントが貯まるシステムになっています。他にも小田急と提携している「JALカード OPクレジット 普通カード」というものも存在します。こちらは小田急での利用のみならず、小田急ポイントサービスに加盟している店舗での利用で、マイル意外にも小田急ポイントが貯まる仕組みとなっています。この小田急ポイントも先程のクレジットカードと同様にマイルへの移行が出来ますので二重取り出来る仕組みとなっています。

■JALカードの種類といえば普通カード

JALカードは種類もたくさんあります。今回はスタンダードなカードでありつつも非常におすすめなカードを幾つか紹介します。たくさん種類のある中からより自分にマッチングしたJALカードを利用したい、という方は必見です。

まず紹介させてもらうのが普通カードです。まさしくスタンダードなカードであり、利用しやすいカードなのですがその特徴を把握しましょう。

JALカードと言えばボーナスマイルですよね。普通カードでもボーナスマイルは獲得できるので安心してくださいね。入会搭乗ボーナスに関しては1,000マイルとなっています。毎年初回搭乗ボーナスでも1,000マイルが獲得できるんです。搭乗ごとのボーナスにも注目です。フライトマイルが10%プラスされます。たくさんのマイルがゲットできるチャンスが普通カードにもあるわけです。

年会費も気になると思いますが、入会後1年間は無料の設定となっています。2年目以降に関しては2,160円の設定となっています、。JALアメリカン・エキスプレス・カードの場合は6,480円となっており、国際ブランドによって年会費が変わってくるのでその点については事前に把握しておくべきです。

海外旅行保険と国内旅行保険に関しては、最高で1,000万円から3,000万円となっています。

どのカードが一番自分にあっているのかわからない場合は、最もスタンダードな普通カードのJALカードに入会するのが無難かもしれません。普通カードの中でもいくつかの種類がありますが、どのカードを選んでも損するようなことはありません。

どうしてもJALカード以外が気になる方はこちら(http://cretatsu.com/)へ~